台湾ワーキングホリデーにかかる費用

台湾ワーキングホリデーにかかる費用について、どれくらいかかるか
試算してみました。


台湾ワーキングホリデーにかかる費用の目安



台湾ワーキングホリデーでかかる費用、大体の目安ですが
昼間に語学学校に行くか行かないかで全く変わります。
語学学校の費用を含めない費用ですが、1カ月だと

家賃:15,000~20,000元
生活費:20,000元

くらいを見ておく必要があると思います。
日本円にすると大体10万円位は必要になってきます。
ワーキングホリデーでかかる費用は、語学留学でかかる費用と
基本的には同じです。



台湾のワーキングホリデーにかかる費用は上昇傾向



私が留学していた時は家賃が10,000元くらいでそれなりに
いい部屋もあったんですが、台湾、特に台北の不動産の
値上がりはすさまじく、今や東京よりも台北のほうが
不動産が高いという状況にあります。
なので、ワーキングホリデーでかかる費用も上昇気味です。
(ちなみに、家賃は東京よりは安いです。)

もちろん、家賃はピンキリなのでもっと安い部屋、反対に
高級マンションもあります。
生活費も個人差が大きい部分ですよね。
この生活費も、数年前から上昇しています。
日本に比べるとまだまだ物価は安い台湾ですが、
それでもこの数年の物の値上がりはすごいです。


台湾でも地域によって費用が変わってくる



九州ほどの大きさの台湾ですが、台北と南部ではかかってくる費用は
違ってきます。
家賃は断然台北が高いです。そして物価も南部に行くと安くなっていきます。
人気のドリンク、タピオカミルクティでも北部と南部で同じチェーン店でも
値段が異なります。
台北はやはり台湾の中では一番物価が高いです。