日本国内で台湾留学のための停留ビザ申請について

台湾に長期留学(半年以上)するつもりのある方は、
停留ビザ(マルチビザ)申請・取得してから台湾に渡航する
ことを
おすすめします。


停留ビザはシングルとマルチがあり、
費用もマルチのほうが高くなります。
違いは何かというと、シングルは一度出国するとその停留ビザが
無効になります。マルチは出国しても無効にはなりません。



自分は居留証をもらうまでは出国しない!と思っていても
急に一時的に日本に帰国しないといけなくなって、
またすぐ台湾に戻る場合、シングルだととても面倒です。
なので、費用は上がりますが(シングルの2倍!!)
保険と思って、マルチビザにしました。



もしビザがないと、90日後には一度国外に出ないといけなくなります。
台湾に留学して、中国語学習に注力したいところに
90日ごとに出国しなければならないのは
面倒ですし、お金もかかります。



私が停留ビザ(マルチビザ)を申請した時の状況を書いておこうと思います。


まず、台湾語学留学で申請するビザですが、「停留ビザ」です。
停留ビザを申請する時に必要なのが


・学校の入学許可書原本と写し1通
・留学費用証明(銀行残高証明など)

です。


以前は、HIV検査を含む健康診断書が必要だったそうですが、
停留ビザを申請する分には必要ありません。
(居留証に換える時は必要になります。詳しくは

台湾で居留証(居留ビザ)を申請する方法

を確認下さい。)



まず、日本で停留ビザを申請し台湾に行きます。
その停留ビザの有効期限は90日なので、
一度台湾で停留ビザを延期します。そうすることで180日滞在が
可能になります。


<検索ありがとうございます!>
台湾 留学 費用
台湾 留学 ブログ
台湾 雑貨
台湾 天気 服装
千と千尋の神隠し 台湾
台湾 天気


ちなみに、停留ビザの発給が可能な語学学校は決められているので、
ビザ発給が可能かどうかは、事前に確認が必要です。