台湾で居留証(居留ビザ)を申請する方法

現在、日本のパスポートを持っている人はビザなしで
90日間台湾に滞在することができます。



しかし、長期で台湾に滞在して語学留学をする場合、
マルチビザ、もしくは居留証(居留ビザ)の申請が必要になります。
(もしくは、90日以内に海外に一度出る、という方法もありますが・・・
お金がかかりますし、めんどうだし、学校を休む必要があったりと
色々大変です。)



ここからは、マルチビザを日本で取得し、一度ビザの延長を行い、
(このビザ延長で180日間台湾に滞在することができます。)
さらに継続して台湾に滞在し語学留学を続けたい場合の
居留証(居留ビザ)の申請方法です。



語学学校に通っている人が居留証を申請するのは、
色々と手続きがあります。
これがけっこうやっかいです!
さらに、意外に時間がかかります。



まずは


1.以下の書類を持って外交部に行きます。


・パスポート

・財力証明書
(7万以上という意見もあれば、8万以上と聞いたこともあります。
8万以上なら確実に問題ないです。あと、外交部に行く直前の
財力証明でないと、申請する時に「このお金、今でもちゃんとあるの?」
と聞かれた人もいるそうです・・・。)

・健康診断書(後述)

・中国語か英語の学習計画書(A4一枚程度)

・写真2枚

・在学証明書、成績書

・申請費用3000元



※健康診断について


まず最初にすることは、ビザの期限が切れる2ヶ月前位に
政府指定の病院に行き、健康診断を受ける。
(早めの方がいいです。もし健康診断に何か問題が
あると、追加で時間が必要になったりするため。
健康診断書は3ヶ月有効です。)


健康診断の内容は、X線、血液検査(HIV検査含む)、ハンセン病
など・・・です。


診断10日後位に結果を取りに行きます。




※外交部の申請書ですが、2010.8以降台湾人の知人の
名前、電話番号、身分証の番号を書かないと
申請が下りないとの情報があります。
友達でも構わないので、台湾人の知り合いがいなければ
頑張って作りましょう(笑)



2.居住地域の移民局に以下の書類を持って行きます。


・パスポート
・在学証明証
・写真4枚
・外交部で発行してもらった書類
・申請費用1000元



申請後、1週間~10日で居留証(カード)をもらえます。
お疲れ様でした♪


<検索ありがとうございます!>
台湾 留学 費用
台湾 留学 ブログ
台湾 雑貨
留学 持ち物
台湾 語学学校
台北国際学舎
台湾 天気 特徴


これがあれば、いちいちパスポートを持ち歩かなくても
いいですし、海外出国して再度台湾に入国する時、
台湾パスポートを持っている人と同じ所に並べますし(笑)
携帯もプリペイドじゃなく、一般の料金体系で申請もできます。



(2010.10現在の情報です。変更されている可能性がありますので
ご自身で再度確認の程、よろしくお願いします。)