台湾で言語交換(ランゲージエクスチェンジ)相手を探す方法




台湾語学留学中は、ぜひ言語交換(ランゲージエクスチェンジ)をすることをおすすめします!
私は言語交換のおかげでかなり中国語が上達しましたし、何より今でもずっとお付き合いのあるお友達ができたこと、そして今の旦那さんと出会いました 笑


しかし、どうやって言語交換の相手を探すのでしょうか。
特に30歳から語学留学をする際には、同年代の言語交換相手を探すにはちょっとしたコツが必要です。
また、異性(特に女性が男性の言語交換相手を探す)の場合は注意も必要です。

今回は、私が行った言語交換の相手を探す方法についてまとめてみました!




言語交換サイトで探す方法


30歳を超えてからの語学留学では、言語交換サイトで探すのがおすすめです。

理由は


同年代の人と会う場所がなかなかない。

同年代の人はたいてい日中仕事をしており、まずはメール、SNS等で連絡する方が便利


だからです。

私は、メールでしばらくやり取りをしてみて相性が合いそうだな、と思ってから実際に合うようにしていました。日本語・中国語の上手下手は意外に関係なく、何となく合う合わないがメールから伝わってきました。これは30年以上生きてた、経験上のカンが役に立ったのかもしれません 笑


よく使っていたサイトは


「まるごと台湾」

www.taiwankanko.com/friendbbs/index.cgi



ここは、年齢、性別、国籍で絞り込みができます。30代、40代の人も結構多いのでとても探しやすかったです。
またキーワード検索もできるので、台北以外の言語交換相手が見つかりにくいところに住んでいる人は、住んでいるところの地名をキーワードに入れて検索すると便利です。


「Lang-8」

http://lang-8.com/


中国語だけでなく、英語を始め世界中の言語で交流可能。日記を公開して添削してくれたり、個人的にメールのようにメッセージを送り合ったりできます。

友達の友達を紹介してもらう方法


上記のように言語交換サイトで知り合った友達が、他の台湾人友達を連れて来て一緒に遊びに行く、というパターンも多いです。
台湾人はだれか別の友達と遊ぶときに、他の自分の友達を連れてくる人が意外に多いです。
(実は私の主人とはこのパターンで知り合いました。)


日本語を勉強している友達を連れてきてくれることもあり、その人と新たに言語交換が始まる、ということもありました。


また、余談ですが連れてきてくれる友達が日本語が全く話せない、ということも多かったです。そうなるとコミュニケーションは中国語オンリーとなり、かなり自分の中国語が鍛えられることになります。
私はそうやって出会った台湾人の友達が多かったです。言語交換ではないですが、中国語を絶対に話さないといけない状況に身を置くこともおすすめです。

大学の掲示板で探す方法


言語交換相手募集の張り出しがされている場合があります。語学学校が大学併設の場合、比較的多いです。
特に大学内に日本語学科がある場合は、見つかりやすい傾向にあります。


・・・が、相手は20歳前後、下手したら未成年です。
会話が・・・かみ合わない可能性大です。
もちろん、話が合う相手もいるかもしれませんが、私は長続きしませんでした。

言語交換の際に気を付けること


言語交換サイトで出会い、いざ直接会う!というときは、少なくとも数回は自宅を突き止められないようにしたいところです。
特に相手が男性の場合は気を付けたいところです。
また、人がたくさんいる場所で会うことも必須です。
私はマクドナルドやスターバックス、モスバーガーなどで言語交換を行っていました。



私は男女とも言語交換相手がいましたが、ありがたいことに「これは変だ」という方とは出会いませんでした。